大宮・浦和 テナントナビBlog

貸店舗、事務所の周辺情報の満載発信ブログ。株式会社アップルのテナント課のスタッフがあなたに贈ります。

ブログ一覧

1月から3月は繁忙期です

こんにちは!

この時期は賃貸業界の繁忙期です

物件を探す方が多くなるのです

それは、個人・法人問わず、他の月の2倍位増えます

ということは

昨日空いていても、今日は他の方で決まってしまった

なんてことはザラです!

物件探しはお早めに!

また、申し訳ございませんが、

お越しいただく際は事前にご予約をお願いします

急なご案内にご対応できない場合がございます

更新日時 : 2016年01月10日 | この記事へのリンク : 

マーケティングの権威 フィリップ・コトラーの言葉

マーケティング担当

「マーケティング部門は顧客や市場の変化に社内の誰よりも敏感で、必要ならば躊躇することなく変化を起こす集団でなければなりません。」

マーケティングの権威、フィリップ・コトラーの言葉です。一般的に「営業」が「セールス」という言葉になぞられるのに対し、「マーケティング」は「集客」を意味します。

多くの中小企業は営業と集客は営業マンが行っています。しかし、どんなにいい製品があってもお客様が来なければ、セールスができないということから、集客には集客の専門部隊「マーケティング部門」が必要という考え方です。

集客の最前線であるマーケティング部門が、人々のニーズ、流行などに鈍感だと、砂漠で冬用のコートを売り歩くようなことになってします。その場に何が必要なのか、その時期に何が必要なのか、自社の製品はどこでニーズが多いのか?を的確に対応しなければならないということです。

商売の最先端の集客・マーケティング部門は、変化を数値や形で示し、時には社内の製品やサービスをニーズに合わせて、変えてみる原動力となりましょう。

と言っているのでしょうね。

コトラーさん、マーケティング担当に「しっかりせぃ!」と檄を飛ばしているというお言葉でした。

更新日時 : 2013年10月12日 | この記事へのリンク : 

健全なる肉体に健全なる精神が宿るように、笑顔の店には金が宿る。

笑顔の店員

「健全なる肉体に健全なる精神が宿るように、笑顔の店には金が宿る。」

日本マクドナルドの創業者、藤田田氏の言葉です。
どこかのお店に行ったとき、お店のスタッフが笑顔で元気がいいと、お食事もとても気持ちよく、おいしくいただけます。飲食店ばかりではありません、小売業でも、店員さんの対応がいいと、また行きたくなります。

わかりやすくチェーン店でいいますと、某、カレーショップのCとかGさんて、すごく明るくて笑顔が素敵です。うどん屋さんのHさん、ラーメン店のTさんなどなど、繁盛しているお店は、元気で笑顔ですね。自分もよくゆきます。また、チェーン店じゃなくても、そういったお店には自然に足が向きます。

抜群においしい味のお店だけど、マスターが無愛想、むしろ、食べ方にたいして、説教されるというお店でも繁盛している(^_^;)お店もありますが、世の中には、必ず例外があるもので、やはり基本は笑顔ですよね。

マクドナルドさんも、スマイル0円!で、今や国民食といってもいいフードになっていて、この言葉には説得力があります。

私たちも不動産業という接客業です。鏡を見て笑顔をチェックしてみます!

更新日時 : 2013年10月07日 | この記事へのリンク : 

本田宗一郎の名言

レストラン

「資本がないから事業が思わしくないとの声を良く聞くが、それは資本がないからではなく、アイデアがないからである。」

という、本田宗一郎氏の言葉があります。

先日、ある人のブログで、埼玉県の県北地区の某所のあるイタリアンレストランを発見しました。場所は駅から遠く、車でないといけません。そして、幹線道路沿いにある訳でもありません。ゆったりカーブした県道を進んだ先に、小さな看板で店舗の案内がしてあるだけです。

ものすごく興味をそそられ、実際に車で1時間ほどかけて、行ってきました。本当に辺ぴな場所です。。。(お住まいの方ごめんなさい)そんな立地にも関わらず、ランチタイムは行列ができ、2時頃でも満席のことが多いレストランです。(実はヤミツキになっていて、数回行っています。)

で、このレストランの人気の秘密は何と言っても採れたて野菜を食材にふんだんに取り入れていることにあります。レストランの周りが農園です。(笑)「採れたて新鮮食材を使用しています!」 うむ、凄い説得力。周りを一目見ればわかります。

実際に、料理をいただくとこれまた納得。料理の詳しいことは別の機会にお伝えするとして。。。このレストラン、本田宗一郎の言葉をなぞると、お金という資本があるかないかはわかりませんが、場所がへんぴという、ある意味、「場所・立地」という資本が、圧倒的に不足しているのですが、周辺の地の利を活かした採れたて新鮮食材をつかったレストランにするという圧倒的なアイデアで、人気店舗になっているのだと思います。

やはり、商売繁盛の基本の一つはアイデアなんですね。

※写真はイメージです。

更新日時 : 2013年10月04日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2017年12月        >>
          12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31           

最近見た物件 (0)